大丈夫、積んでる

さうざんどますたーになれなくて

☆☆☆☆

リワールド・フロンティア / 国広仙戯

三分間だけなら、僕は世界最強の剣士だ ぼっち少年が、神であるという初心者探検者の少女とパーティを組んで、遺跡に挑むお話。 これはいいボーイミーツガールだなあ。 支援術式しか使えないと引け目を感じていたぼっちの少年が、圧倒的な力を持つ少女の隣に…

おにぎりスタッバー / 大澤めぐみ

もーお母さんエクスカリバー台所に置いとくのやめてよー すっげー変なお話だけど、おもしろい。 ずっとだらだらと(というと語弊あるけど)独り言のような文章が続くわりには読みやすく、地味な女子高生がイケメンの先輩を意識するようになるという青春もの…

アクセルワールド(1)-(9) / 川原礫

ずっと追いかけてたけど、もういいやと思って読むのをやめたのが、9巻でした。面白いんだけど、話の区切りがなかなかつかないので、おなか一杯になっちゃって。なもんで、災禍の鎧編が4巻続いて終わった時に、追うのをやめたんですが、最近また面白くなって…

異人街シネマの料理人(1) / 嬉野君

まだまだ序盤って感じだけど、ミステリアスな人間関係が生み出すお話は、わくわくドキドキが詰まってる。 天涯孤独となった女子高生・桃の前に、彼女の兄という男が二人あらわれて……というお話は、いろいろ怪しいんだけど、そんな怪しさがまっすぐな桃のおか…

異世界詐欺師のなんちゃって経営術(1)(2)(3) / 宮地拓海

なろう書籍化作品。なろうで公開されてるから、にお試しでちょっと読んでみようかなと思ったら、全部読んじゃうぐらい止まらなかった。面白かったので、書籍版購入。 詐欺師だった主人公が転生した先は、嘘をついたことを指摘されたらカエルにされてしまう「…

居酒屋ぼったくり(6) / 秋川滝美

美音と要の関係が一気に動いた。幸せな空気を感じながらも、そこから先を望まないっていうのは……やっぱり寂しいなあ。 これまでは、ご近所さんとの交流+恋愛って感じだったけど、より恋愛方面の比重が大きくなってきたので、雰囲気がガラッと変わった感ある…

さよなら、サイキック(2) 愛と解放の地図 / 清野静

これは、本当に素晴らしい青春小説だ。主人公に好意を抱く魔女の血を引く少女ロンドと、サイキックな同級生木佐谷樹軍乃の関係がとてもいい。 三角関係ではあるんだけど、女の子同士も仲がいいので、ほほえましく、でもちょっと駆け引きをするような態度にド…

最果てのパラディン(2) 獣の森の射手 / 柳野かなた

異世界転生してアンデッドたちに育てられた少年ウィルの冒険を描くシリーズの第二弾。ワクワク感が若干減ったけど、順当に面白い。 生まれ育った町を出て、初めて外の人と出会うってことで、ちょっと頑張りすぎて力が入ってしまうところとか、ああ……なんて親…

インスタント・マギ / 青木潤太朗

科学をもって一時的に「魔法」のような力を得ることができる「インスタント・マギ」を開発した科学者が、古より続く魔法使いたちに狙われることになるお話。 面白かったけど、グロいな、これ。 ただただ科学を追及しているだけなのに、それが魔法使いの逆鱗…

もう過去はいらない / ダニエル・フリードマン

「次におまえを見たら、殺すと言った」 「そのとおり。きょう来たのは礼儀としてなんだ。脅しを実行するつもりなら、早くしたほうがいいぞ」 「なぜだ?」「なぜなら、あんたが殺そうが殺すまいが、おれは四十八時間以内に死ぬからだ」 88歳の元殺人課刑事の…

最果てのパラディン(1)死者の街の少年 / 柳野かなた

骸骨剣士、神官ミイラ、幽霊魔法使いの愛情を受けたウィルは、かつての生を悔い、生まれ変わった世界で、懸命に生きることを決意したが……というお話。 これはとても良かった。 はじめは三人のアンデッドたちの様子に疑問を持ったけれど、次第に本当に親のよ…

いまさら翼といわれても / 米澤穂信

古典部シリーズ第六弾の短編集。 日常の謎ものではあるんだけど、より高校生というか、進路のこととかこれから先を思う不安等を描くお話って感じだった。特に表題作の「いまさら翼といわれても」。たしかにタイトル通りで、なんとも言えない気持ちになる。に…

ソードアート・オンライン オルタナティブ クローバーズ・リグレット / 渡瀬 草一郎

和風VRMMO「アスカ・エンパイア」が舞台のSAOスピンオフ。とあるクエストのクリアを依頼してきたゲーム初心者の老人のために、探偵事務所まで案内した戦巫女のナユタと忍者のコヨミ、そして依頼を受けた探偵の四人で、クエストに挑むお話。 これは面白かった…

本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第三部「領主の養女II」/ 香月美夜

ここにきてまた常識のズレが見えてきた。異世界云々というよりも貴族の立場ってことかな。ただ、裏をかき、人を陥れなければならないというのは、平和な世界に生きてきたものにとっては重いよなあ。見過ごすことで、さらに被害が大きくなるとわかっていても…

ある小説家をめぐる一冊 / 栗原ちひろ

「田中くん、君、まさか、私を健康にしたいのか?」 これは面白かった。若き女流作家・些々浦空野と彼女の担当編集になった田中庸が遭遇する不思議な事件を描く物語。 怠惰な作家と勤勉な編集者というコンビのやり取りがとてもコミカル。はじめはファンタジ…

キミもまた、偽恋(オタク)だとしても。1(上)(下) / 渡辺恒彦

高校入学をきっかけに変わろうとした「隠れオタク」と「隠れ腐女子」が、それぞれの属性を秘密にしながら、お付き合いを始めるお話。 幾度となくお互いの秘密がバレそうになるけれど、ギリギリのところで回避するという展開が楽しくて楽しくて。 一般の人の…

GOSICK GREEN / 桜庭一樹

新大陸に来てからのお話は、とても賑やかだなあ。伝説の銀行強盗との対決やセントラルパークの地図の謎など、複数の依頼をうまい具合にまとめてくれてる。人々の様子とか、セントラルパークの風景とか、いろいろ描写が目に浮かぶのが印象的だった。 印象的と…

蜘蛛ですが、なにか?(4) / 馬場翁

ああ、ようやく違和感の元がはっきりした。やっぱりズレてたのか。年表をこのタイミングで持ってくるとか性格悪言ったらない……べ、別に騙されてないし。 強くなったら、その分強い敵と戦うのはわかるけれど、まさかラスボス的なマザーを相手取るとは思わなか…

蜘蛛ですが、なにか?(3) / 馬場翁

女子高生が異世界に転生したら、蜘蛛になってたというお話の第三弾。 おお、ここにきて面白くなった。特にクラスメイト側というか勇者側。悪意が一気に燃え上がる様がやばい。ちょっと強力すぎるけど。できればもうちょっと策略を巡らせてくれれば、もっと面…

蜘蛛ですが、なにか? / 馬場翁

女子高生が異世界に転生したら、蜘蛛になってたというお話。 面白かった。いわゆるゲームの中のように、レベルやスキルの概念がある異世界だったってことで、ゲーマーだった時の知識を生かして、モンスターだらけの中を生き延びていく展開が痛快。 ちょっと…

ナイルに死す / アガサ・クリスティー

若く美しい資産家とその夫がハネムーンで豪華客船に乗り込んだら、男を奪われた資産家の元親友が付け回していて……という愛憎のミステリー。 船上の事件ってことで、いわゆるクローズドサークルもの。登場人物が多いけれど、混乱せずスラスラ読める。 真相に…