読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大丈夫、積んでる

さうざんどますたーになれなくて

繰り巫女あやかし夜噺~お憑かれさんです、ごくろうさま~ / 日向夏

大学で非常勤講師をしている主人公だが、社務所に住み込んでいることから、生徒や周りの人たちから奇妙な相談を受けることがあり……という妖かし謎解き物語。

これは奇妙でゾワっとする。

背後に妖かしの存在が感じられる物語だけど、結局のところ何かをしているのは人なわけで、罪を犯す人の考えや行動こそが怖い。ファンタジーなところもありつつ、ホラー要素も強いミステリーってところかな。

語り手である主人公は、ぽわぽわしているので和むんだけど、世間知らずで、何やら暗い過去がありそうなので、周囲に妖かしの存在が感じられると危なっかしく感じて、変にドキドキしちゃう。

また主人公が住み込んでる社務所にいる人(?)や大家と呼ばれる神官さんは、人として描かれてるけど、本当にそうなのか?みたいなあやふやなところもあって、読んでて気持ちが不安定になる。

深いところまではいかないけれど、怪しい雰囲気がとても良いので、続編があったら読んでみたい。できれば、社務所内にいる人たちにフォーカスを当ててほしいなあ。

Amazon / Kindle / B☆W