読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大丈夫、積んでる

さうざんどますたーになれなくて

86―エイティシックス― / 安里アサト

帝国の無人兵器に対して、共和国が開発した兵器は、共和国が人と認めていない第86区の少年少女が犠牲となる「有人」の無人機だった……死地へ向かう第86区(エイティシックス)の少年少女と、安全な後方で彼らを指揮する少女レーナの交流と戦いを描く物語。

おもしろかった! 

いわゆる差別する側とされる側のお話ということで、暗く重いお話になるのかと思いきや、思ったほどのことにならないのは、86の少年少女が達観していたことと(それ自体が重いんだけど)、レーナのまっすぐさがあったからでしょう。

いや、86の事実を知り差別を許せないとする少女の思いに、実は無意識のうちにしていた差別があるとか、そういうところはきついんだけど、ショックを受けながらも決してあきらめないレーナの頑張りが、指揮する隊のメンバーのみならず、読んでるこっちにも伝わるものがあるから、重苦しくならないんだろうなあ。

自分にできることを模索してやり遂げる姿に、熱いものを感じる。

すれ違う価値観と事実を直面して傷つきながらも、決して溝を開けることのなかったレーナの思いが、少しずつ86な人たちの心を引き寄せていき、夜、隊の皆が集まってちょっとした話をする、そんなつかの間の平和な時を過ごせるようになったところが素敵でした。

実は希望すらなかったわけですけど、それでも最後まであがき続けたレーナの思いが、ひとつの奇跡を生み出したというラストは、甘いとも思うけど、よかったです。

これぜひとも続編というか、鮮血の女王と呼ばれる時代のお話を読んでみたい。

86―エイティシックス― (電撃文庫)

86―エイティシックス― (電撃文庫)

 

Amazon / Kindle / B☆W