読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大丈夫、積んでる

さうざんどますたーになれなくて

蜘蛛ですが、なにか?(3) / 馬場翁

☆☆☆☆ カドカワ

女子高生が異世界に転生したら、蜘蛛になってたというお話の第三弾。

おお、ここにきて面白くなった。特にクラスメイト側というか勇者側。悪意が一気に燃え上がる様がやばい。ちょっと強力すぎるけど。できればもうちょっと策略を巡らせてくれれば、もっと面白くなっただろうに……って、蜘蛛から外れちゃうから、このぐらいのほうがいいのか。彼に力を貸してる人は、何を考えているのかなあ。

で、前作ではちょっと単調だった蜘蛛側ですが、今回は面白かった。レベルが上がったことで、ただただ恐怖の対象であったモンスターに、手が届くかもしれないというところから生じる感情の高ぶりは、いっそスポーツもののような熱さがあった。死力を尽くす戦いがすごい。

にしても、ついに禁忌がカンストしたけど、それで見えたものが何なのか気になる。そろそろ勇者側と何かあったりしないかしらと、わくわくしてる。

蜘蛛ですが、なにか? (3) (カドカワBOOKS)

蜘蛛ですが、なにか? (3) (カドカワBOOKS)

 

Amazon / Kindle / B☆W