読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大丈夫、積んでる

さうざんどますたーになれなくて

ノッキンオン・ロックドドア / 青崎有吾

「不可能(HOW)」を推理する御殿場倒理と「不可解(WHY)」を推理する片無氷雨の二人の探偵が事件に挑む連作短編集。

相棒だけどライバル……というのとも違うかな。仲良く喧嘩してるさまが楽しいけれど、物語が進むにつれて、実は歪だったというのが見えてくる。思わせぶりなんだけど、個人的には、普通に探偵しているお話が面白いので、ちょっとうーんって思う。

事件によって、どちらかが謎を解くんだけど、相手のちょっとした言葉などが推理に道筋をつけたり、あるいは不可能案件と思ったら実は……的な流れもあるので、謎解きに特化した短編だけど面白い。ちょっと強引なところもあるけど。特に「九マイル」的なお話が。

続きが出るらしいので、例の人間関係的なところを、もう少しすっきりさせてくれると嬉しい。 

ノッキンオン・ロックドドア (文芸書)

ノッキンオン・ロックドドア (文芸書)

 

Amazon / Kindle / B☆W