読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大丈夫、積んでる

さうざんどますたーになれなくて

ビッグデータ・コネクト / 藤井太洋

「なんで助けを求めなかった」
「多分――」

「要らない、と言われたくないから、だろうな」

エンジニア誘拐事件の調査に、かつてサイバー犯罪で冤罪となったハッカーに協力を求めるお話。

めちゃめちゃ面白かった。SNSGPS・監視カメラ等、日々利用しているものがデータ化されているということが、どういうことにつながるのか。

ちょっとだけセキュリティ的なことをかじってるおかげで、ああこれはたしかにヤバいってのがリアルに感じられる。もはやすぐそこにある危険だよなあ。特に権力を持つものが、データを手にしたら……おお怖い。

協力者ではあるけれど、容疑者でもあるハッカーと共にする捜査は、いろいろとギリギリのところを綱渡りしている状態に思えて、ページをめくる手が止まらなかった。でも気づいたら、このハッカーのことを信じられるようになってきてるから面白い。ハッカーに不利な状況になったら、何やってんだ!と思いましたもん。

最後には思わずほろりと来てしまうのは、なんというか、同じ捜査をした「仲間」というよりかは「戦友」だからかな。いやあ、いいサスペンスだった。

それにしても、ITの現場の人って、やっぱり大変だなー。下請けとかほんとうに……そりゃつぶれるわ。

ビッグデータ・コネクト (文春文庫)

ビッグデータ・コネクト (文春文庫)

 

Amazon / Kindle / B☆W