読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大丈夫、積んでる

さうざんどますたーになれなくて

リボルバー・リリー / 長浦京

関東大震災後、陸軍に家族を殺されて追わていれる少年が、かつて美しき諜報員として名をはせた「リボルバー・リリー」に助けを求め、たった二人で、陸軍の手から逃れようとするお話です。

VS帝国陸軍1000人
たった二人の六日間戦争 

って文句はすごいなあ。でも実際そうなんですよ。

陸軍が執拗なまでに追ってくる理由がわからないまま、ただひたすら逃げていく。ちょっとした手がかりからすぐに追いつかれ、恩義を感じてくれてる人ですら、追い詰められたら裏切るから、一息つく暇もほとんどない。

家族を殺され、トラウマを抱えていた少年が、次第にたくましくなるのも、そりゃそうだと納得。

でもこれって一人だったら、途中であきらめてただろうなあ。特になんら関係があるわけじゃない二人が、死線を潜り抜けるたびに、絆らしきものを深めていく、その関係性がよかったです。

それにしても人が死にすぎじゃないか。この人は大丈夫だろうと思ってた人も、思わぬ形で死んでいくから油断できない。

ということも含めて、面白かったです。

リボルバー・リリー

リボルバー・リリー

 

Amazon / Kindle / B☆W