読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大丈夫、積んでる

さうざんどますたーになれなくて

真実の10メートル手前 / 米澤穂信

記者・太刀洗万智シリーズ。六編からなる短編集。どれもこれも面白いけど、中でも表題作の「真実の10メートル手前」と「名を刻む死」が好きかな。

太刀洗が気にしていることが何なのかわからずに読み進めて、ふとそこに謎があったことに気付かされて、ああそういうことかと納得する展開が素晴らしい。目の前にあっても見落としがちな点を拾い上げる力こそ、観察眼だよなあ。一緒に行動してる人からしたら、もっと共有してほしいと思うだろうけど。 

謎解きの魅力もさることながら、謎が解けた後に残る苦さも、心に残るものでした。届けたい言葉が届かないこともある。それでも、決して逃げず、追い続けるところに、静かな熱意を感じました。

真実の10メートル手前

真実の10メートル手前

 

Amazon / Kindle / B☆W