読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大丈夫、積んでる

さうざんどますたーになれなくて

ブラッド・スクーパ - The Blood Scooper / 森博嗣

やっぱり面白いなあ。 立ち寄った村で用心棒をするというシリーズ二作目ですが、これまでより深く人と関わるようになったことで、だいぶ変化が出てきました。不自由を感じるようになるあたり、世間を知ったとでもいうべきかしら。 でも、不自由を感じつつも…

本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第三部「領主の養女III」/ 香月美夜

冬のお披露目会とか貴族の子供たちとの交流をしつつ、印刷機の改良をするお話。 精力的に動いているけれど、個人的には、子供たちとの交流がよかった。楽しみながら学べる場が、とてもいい雰囲気。 むろん本を作るという自分のためではあるけれど、マインの…

熊と踊れ / アンデシュ・ルースルンド

三人の兄弟と幼なじみひとり。二十歳前後の四人が、群から武器を強奪して銀行強盗をするという事実に基づいたお話。 緻密な計画を立てる長男についていけば間違いないと思わせる一方で、どこか隙がある仲間たちの言動にハラハラしてしまう。なんでそんな手が…

また、桜の国で / 須賀しのぶ

日本大使館の外務書記生の目を通して、第二次世界大戦時のポーランドを描く物語。 これはすごかった。 第二次世界大戦でナチス・ドイツが侵略してくるということが何を意味しているかというのは、わかってはいたけれど、日本人外交官の目を通して語られる物…

りゅおうのおしごと(5) / 白鳥士郎

最っ高に素晴らしかった! 何度熱さに奮えて、何度熱さに涙したか。 最強の名人との対決は、これまで自分が積み上げてきたものを崩されるような戦いで、これが本当に重い。 追い詰められていくにつれて余裕がなくなり、八つ当たりと分かっていながら、まき散…

七姫物語(1)-(6) / 高野和

年に一回は読んでる大好きなシリーズです。 孤児の少女が、大人二人に担ぎ上げられて、偽りの姫を演じながら世界を見るお話……と書くと悪い大人にだまされた少女のお話のように思えるけど、実際には悪い大人というよりかは成長した悪ガキみたいな感じ。 自分…

オービタル・クラウド(上)(下) / 藤井太洋

私たちは、まだまだいろんなものを託せるのよ。それが宇宙への新しいステップだなんて、最高じゃない。 これは、めちゃめちゃ面白かった! ああやっぱり宇宙ものはいいなあ。 流れ星の発生を予測するWebサービスを運営する主人公が、デブリの不審な動きを発…

ドイツェン宮廷楽団譜 嘘つき婚約コンチェルト / 永瀬さらさ

親の薦める婚約話を断るために、偽の婚約者という共犯者になった宮廷楽団の指揮者とバイオリニストのお話。 これは最高に楽しかった! 幼いころ自分を救ってくれた人と再会するためにバイオリンを続ける主人公と、そんな主人公の演奏にダメ出しばかりするヒ…

最果てのパラディン(3) 鉄錆の山の王 / 柳野かなた

己の弱気を知り、だからこそ諦めず、折れず、信じたことのために死をも厭わない ――それを人は英雄というのだ 異世界転生してアンデッドたちに育てられたウィルの冒険を描くシリーズの第三弾。 女神……?という一番の驚きはさておき、めちゃめちゃ面白かった!…

蜜蜂と遠雷 / 恩田陸

ああ、こんなふうにやっていいんだ。呼吸するように当たり前に、音楽を作っていってもいいんだ。 めっちゃめちゃ面白かった! 読み始めたら止まらない、一気読みの音楽青春物語でした。 国際ピアノコンクールに挑む人たちを描くお話なんだけど、天才と呼ばれ…

青の数学(1)(2) / 王城夕紀

「私達は同じ数式を見ていても、それぞれ頭の中には違うものが描かれているんだろうね」 数学で競い合うネットサービス「E2」に、数学に魅せられた少年少女たちが挑むお話。 これは本当に面白かった。今年読んだ作品の中でベスト3に入る。 ただ数学の問題を…

その可能性はすでに考えた / 井上真偽

「それはつまり……何かあなたに嫌疑がかかるような殺人事件があって、でもあなたには罪を犯した自覚がない。それで、自分がほんとうに人を殺してしまったかどうかを、僕に推理してほしい、と」 「この世に奇蹟が存在する」ことを証明したい探偵が事件に挑むミ…

真実の10メートル手前 / 米澤穂信

記者・太刀洗万智シリーズ。六編からなる短編集。どれもこれも面白いけど、中でも表題作の「真実の10メートル手前」と「名を刻む死」が好きかな。 太刀洗が気にしていることが何なのかわからずに読み進めて、ふとそこに謎があったことに気付かされて、ああそ…

もう年はとれない / ダニエル・フリードマン

すっげー面白かった! かっけーじいちゃんだなあ。 刑事を辞めて三十数年の87歳のおじいちゃんが、かつて自分を痛めつけたナチス将校を追うお話なんですが、体力ないし、満足に動けないし、ちょっとこづいたら自分の体のほうが痛むのに、それでもかつてのタ…