読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大丈夫、積んでる

さうざんどますたーになれなくて

ホーンテッド・キャンパス 白い椿と落ちにけり / 櫛木理宇

初デートが成功したことで、かえってギクシャクしてしまう二人を見守りつつ、オカ研に寄せられる依頼を解決していくお話。 これ、読者は森司の心情が見えるからいいけど、こよみからしたら、いきなり挙動不審になるんだから、デートの時に何かしちゃったのか…

ナイツ&マジック(7) / 天酒之瓢 

仲間を逃すために、大森海で迷うことになったエルとアディが、巨人族同士の争いに巻き込まれるお話。 いつものメンツが出てこないのはちょっと物足りなくもあるけれど、どこにいってもエルはエルであることがわかるお話だったところには満足。義理とか情では…

貴族探偵 / 麻耶雄嵩

ドラマをみた人たちの評判が良かったので読んでみた。 タイトルから、貴族が探偵するお話なんだろうなと思ってたら、合ってたけど、違ってた。 さまざまな事件に趣味で介入して(強力なコネで現場の警官を従わせて)、本人は優雅に紅茶を飲みながら美人を口…

失踪者(上)(下) / シャルロッテ・リンク

元ジャーナリストが、5年前に失踪した幼馴染についての記事を書くために、過去を振り返るお話。 事件を追う元ジャーナリストの視点だけでなく、いくつかの視点が入れ替わり立ち代わりで語られるので、初めはちょっとたるいんだけど、関連が見えてくると止ま…

ひとくいマンイーター / 大澤めぐみ

友人を殺された女子高生が、復讐するため魔法少女になったお話。 あー、これいいな。すごくいい。 はじめは、自称・魔法少女が何をやっているのかよくわからなかったんだけど、少しずつ見えてくるにつれて、彼女の内面が見えてくると……きゅんとなる。ああこ…

WORLD END ECONOMiCA(1) / 支倉凍砂

月生まれのハルは、上に上がる資金を手にするため、株に手を出したが、なかなか思うように稼げない日々が続いたとき、コミュ障だが数学の天才少女ハガナと出会って……というお話。 これはすっごい面白い。かなり分厚いけど、それでもまだ序盤って感じなんだよ…

ビッグデータ・コネクト / 藤井太洋

「なんで助けを求めなかった」「多分――」 「要らない、と言われたくないから、だろうな」 エンジニア誘拐事件の調査に、かつてサイバー犯罪で冤罪となったハッカーに協力を求めるお話。 めちゃめちゃ面白かった。SNSやGPS・監視カメラ等、日々利用しているも…

いでおろーぐ!(5) / 椎田十三

反恋愛運動革命家たちによる戦いは、ついに文化祭で生徒会と対決することになりましたが、いったいどこが反恋愛なんでしょうねぇ! 甘酸っぱいやり取りばかりで、にやにやしちゃう。そりゃ周囲の人たちは、ふたりが付き合ってると思うわけですよ。 二人以外…

フォグ・ハイダ  / 森博嗣

今回は、これまでで最強の剣士と遭遇するお話。 あー、だいぶ変わってきたなあ。情といったらなんですが、人と関わることによって、自ら動くようになったところに変化を感じます。これを成長と呼ぶのか、剣士としては弱くなったというべきか。 というか、や…

侍女ですが恋されなければ窮地です(2) / 倉下青

公姫に新たな婚姻話をご破算にするため、再度身代わりを務めることになった侍女と、そんな彼女の恋人役を任された傭兵隊長のお話。 おっかしいなあ。ヒロインの恋人役といったら、ヒーローなはずなのに、傭兵隊長が一番の悪役に見える。またそれがめちゃめち…

悪女は自殺しない / ネレ・ノイハウス

こういう展開でじれったさを感じるとは面白い。 自殺に偽装された殺人事件を追うお話なんだけど、周りには彼女に恨みを持つ人ばかりで、でもそれで殺すほどかといったら、そこまででもなく、それぞれに微妙にアリバイがあって決定打がない。 さらには調べて…

剣と炎のディアスフェルド(2) / 佐藤ケイ 

優秀な兄を差し置いて王となったレオームが、ディアスフェルドを統一するまでを描いていますが、これが面白い。 負けない戦いをするといえばかっこいいけれど、チャラくて逃げ足が早くて、どうしたって蔑まされるのに、国を守るために強い芯を持つ姿が、いつ…

おそれミミズク あるいは彼岸の渡し綱 / オキシタケヒコ

これは良いボーイ・ミーツ・ガールなホラーだった。 山中の屋敷に住む下半身不随の女の子と、そんな少女にひかれる少年のお話なんだけど、怖がりなくせに彼女が求めるからと怖い話を収集しては週に一度の逢瀬で披露していく様は、不器用さにほほえましさを感…

血涙 新楊家将 (上)(下) / 北方謙三

先日読んだ楊家将の続編。なんでこんなタイトルなんだろうと思ってたけど、そりゃこうなるわ。この戦いには、血の涙を流さずにいられない。何がって、楊家の者同士で戦うことになるんですから。 遼との戦いで楊業を失い、生き残った六郎と七郎が壊滅状態の楊…

異世界詐欺師のなんちゃって経営術(4) / 宮地拓海

やっぱいいよなあ。悪ぶってるくせに実は……っていうお話は。 不作を理由に物価を上げようとする行商ギルドに対抗すべく動くために、わざわざこれはまわりまわって自分の利益になるからと、自分に対して理由付けをして動く主人公の意地っ張りぐあいに、ニヤッ…

カブキブ!(5) / 榎田ユウリ

いいなあ。クロのまっすぐな熱意は。本当に好きなものだから、周りの人も引っ張られていくんだろうなあ。 三年生の最後の舞台に向けての夏合宿で、舞台慣れしてない一年生を鍛えあげるってお話なんだけど、どう弱点を直すのはどうしたって難しいし、指摘され…

スカル・ブレーカ / 森博嗣

相変わらず面白い。 これまでうっすらと見えていたゼンの素性が、唐突に明かされてびっくり。内容じゃなくて、こんなあっさりと明かされたことに対してですが。情というものに重きを置いていない彼だけど、少しずつ変わってきてて、特に師がなくなったことに…

楊家将(上)(下) / 北方謙三

めちゃめちゃ面白かった! いやあ、楊家は強い。 10世紀末の中国で、楊家が仕える宋と、宋の領土を狙う遼の戦いを描くお話なんですが、帝への忠心をもって敵と戦う軍人として、これほどまでに頼りになる人はいなくて、主たる楊業のみならず、七人の息子たち…

ビブリア古書堂の事件手帖(7) / 三上延 

面白かったなあ。 今回は、シェイクスピアの古書にまつわるお話でしたが、なんとなくしか知らなかったけど、なんとなく知っている分、栞子さんの説明が興味深く思える。 いつも思うけど、このシリーズで紹介される本を読みたくなりますね。その時代ならでは…

紅霞後宮物語 第五幕 / 雪村花菜

政治的な問題から、小玉が動けなくなっているのに、それが却って後宮内で彼女の勢力を伸ばすことになるというのが、大変面白い。 ただ、文林とのすれ違いが……いや、すれ違いというか、もともとあったことが表に出てきたということなのかな。お互い大切な存在…

殺し屋を殺せ / クリス・ホルム

殺し屋を殺す殺し屋ヘンドリクスと、彼を狙う殺し屋エンゲルマンの戦いを描くお話。 文章がこなれてないので、序盤は読みづらかったけど、ヘンドリクスの存在にエンゲルマンが近づき始める中盤からは一気読み。 正直、罪悪感から殺し屋を狙うようになったと…

大正箱娘 怪人カシオペイヤ / 紅玉いづき

万病に効く「箱薬」の謎を追うお話。 相変わらず、箱娘のうららにまつわるところは、謎なままですが、怪人については見えてきましたねぇ。……いやまさか思わせぶりなだけとか言わないよね、うん。 なにかと怪人の出現するところに遭遇する紺が危うくて、そり…

ブラッド・スクーパ - The Blood Scooper / 森博嗣

やっぱり面白いなあ。 立ち寄った村で用心棒をするというシリーズ二作目ですが、これまでより深く人と関わるようになったことで、だいぶ変化が出てきました。不自由を感じるようになるあたり、世間を知ったとでもいうべきかしら。 でも、不自由を感じつつも…

ゲーマーズ!(7) ゲーマーズと口づけデッドエンド / 葵せきな

恋人同士が修学旅行で距離を縮めようとしてたはずなのに、相変わらずすれ違っていくラブコメ。面白いのはリア充側にいる天道と上原がこじらせていくことですね。 普通、ああいう考えになるのは、自分に自信がないからこそだと思うんですが、どうしたって共通…

繰り巫女あやかし夜噺~お憑かれさんです、ごくろうさま~ / 日向夏

大学で非常勤講師をしている主人公だが、社務所に住み込んでいることから、生徒や周りの人たちから奇妙な相談を受けることがあり……という妖かし謎解き物語。 これは奇妙でゾワっとする。 背後に妖かしの存在が感じられる物語だけど、結局のところ何かをして…

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ファミリアクロニクル episodeリュー / 大森藤ノ

ダンまちは、外伝よりも本編を進めてくれないかなあ……なんて思いつつ、リューが主人公と聞いたら、手に取らざるを得ない。そして、期待通りの面白さだったけど、リューが主人公というよりかは、リューを中心とした周りの人たちのお話って感じでした 一番おも…

86―エイティシックス― / 安里アサト

帝国の無人兵器に対して、共和国が開発した兵器は、共和国が人と認めていない第86区の少年少女が犠牲となる「有人」の無人機だった……死地へ向かう第86区(エイティシックス)の少年少女と、安全な後方で彼らを指揮する少女レーナの交流と戦いを描く物語。 お…

本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第三部「領主の養女III」/ 香月美夜

冬のお披露目会とか貴族の子供たちとの交流をしつつ、印刷機の改良をするお話。 精力的に動いているけれど、個人的には、子供たちとの交流がよかった。楽しみながら学べる場が、とてもいい雰囲気。 むろん本を作るという自分のためではあるけれど、マインの…

ヴォイド・シェイパ / 森博嗣

めちゃめちゃ面白かった。 師の教えに従い山を下りた若き侍が、強さを求めて旅をする物語なんだけど、これまでずっと師匠と二人っきりで過ごしていたから、人と出会うたびに、ちょっとずつ変化していく。 たとえそれが今にも倒れそうな老婆であったとしても…

僕たちは同じひとつの夢を見る / 縞田理理

幻視に悩む大学生が、自分が視ているのは異次元世界らしいと知り、異次元世界人との共生を推進する機関でアルバイトをするお話。 この雰囲気いいなあ。異世界の人との距離感とか、幻視となる風景とか、スッと入ってくる。主人公の穏やかな(ちょっと暗い)性…

熊と踊れ / アンデシュ・ルースルンド

三人の兄弟と幼なじみひとり。二十歳前後の四人が、群から武器を強奪して銀行強盗をするという事実に基づいたお話。 緻密な計画を立てる長男についていけば間違いないと思わせる一方で、どこか隙がある仲間たちの言動にハラハラしてしまう。なんでそんな手が…

侍女ですが恋されなければ窮地です / 倉下青

愛しの姫を意地悪な継母の手から逃した侍女が、姫の身代わりとして、優秀な傭兵隊長を国にとどめるべく奮闘するお話です。 これは大変たのしい。姫のためなら公妃だろうと楯突く侍女だけど、逆に姫を人質にされたら弱いわけで、脅しつつ脅されるという侍女と…

リンドウにさよならを / 三田千恵

亡くなってから二年後に、通っていた高校の地縛霊として目覚めた主人公が、クラスでいじめにあっている少女と友達になるお話。 これいいなあ。かつての想い人を重ねて、同じ後悔をしたくないという思いから、少女を支えて、一方孤独だった少女が、幽霊とはい…

Gene Mapper -full build- / 藤井太洋

遺伝子設計した稲に重大な問題が見つかったという報告を受けて、遺伝子デザイナーと企業のエージェントが原因究明にあたるお話。 面白い。これは映像で見てみたいなあ。拡張現実がフルに使用されてて、なんとなくはわかるけれど、実際にどう見えるのか見てみ…

弱キャラ友崎くん Lv.3  / 屋久ユウキ

ゲームオタクが、人生をゲームに見立てて、攻略を目指すシリーズの第三弾。今回は、夏休みに友達と旅行に行ったり、意中の人とデートをするお話。 意外や意外。まさかこんな終盤になるとは思わなかった。 リア充モンスターな日南が出す課題がかなり厳しくて…

やがて恋するヴィヴィ・レイン(2) / 犬村小六

ああ、もう、「今」この時だけだったら幸せなのになあ。 ヴィヴィ・レインを探す旅。ただそれだったはずなのに、気づけば大きな歴史の流れの中に巻き込まれてる。 なまじ弱い人を助けられるだけの力があることが、のちに不幸を生み出しそうなんだよなあ。な…

魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい?(1) / 手島史詞

ひょんなことから参加したオークションで、エルフに一目ぼれして全財産をはたいてしまった魔術師のお話。 ちょーーーーーーーーにやにやした。 研究一筋で、ずっとひとりで生きてきたから、うまくコミュニケーションが取れなくて、内心とぜんぜん違うことを…

リボルバー・リリー / 長浦京

関東大震災後、陸軍に家族を殺されて追わていれる少年が、かつて美しき諜報員として名をはせた「リボルバー・リリー」に助けを求め、たった二人で、陸軍の手から逃れようとするお話です。 VS帝国陸軍1000人 たった二人の六日間戦争 って文句はすごいなあ。で…

また、桜の国で / 須賀しのぶ

日本大使館の外務書記生の目を通して、第二次世界大戦時のポーランドを描く物語。 これはすごかった。 第二次世界大戦でナチス・ドイツが侵略してくるということが何を意味しているかというのは、わかってはいたけれど、日本人外交官の目を通して語られる物…

宝石商リチャード氏の謎鑑定 天使のアクアマリン / 辻村七子

美貌の宝石商リチャードとバイトの大学生正義が宝石にまつわる事件に遭遇するシリーズの第三弾。 これまで謎だったリチャードの背景がちょっとだけ見えてきました。それだけ正義に対して心を開いてきたってことだよなあ。 相変わらず直球でリチャードをほめ…

佐伯さんと、ひとつ屋根の下 I'll have Sherbet!(1) / 九曜

Web小説の時に読んでから、大好きな作家さんの作品です。 高校二年の進学を機に一人暮らしをすべく引っ越したら、同じく一人暮らしをしようとしていた女子高生とバッティングして、ルームシェアをすることになる、というお話。 何が楽しいって、二人の関係で…

あしたはれたら死のう / 太田紫織

自分は自殺未遂をしたのだという。だが、数年分の記憶がないため、なぜ自殺しようとしたのかわからない女子高生が、SNSに残された日記「あしたはれたら死のう」から、かつての自分を探す物語。 前半の雰囲気がとても好き。 記憶を失ったことで、以前とは異な…

アクセル・ワールド(20)(21) / 川原礫

ついに始まる領土戦。 いやあ、すごい盛り上がりだった。 準備万端で仕掛けたけれど、ってところから、あっという間に追い詰められていくから、心意もさることながら、手の内がわからないことのアドバンテージって大きいよなあ。 あっちにも事情はあるんだろ…

京都寺町三条のホームズ / 望月麻衣

ホームズとあだ名される骨董品店「蔵」の息子・大学生の家頭清貴と、「蔵」でバイトすることになった女子高生の真城葵が、京の町で遭遇する謎を解くお話。 京都を舞台にされると、その風景を見に行きたくなります。実際にこういう場所があるんだろうなあ。歩…

信玄忍法帖 / 山田風太郎

信玄の死を隠したい武田と、信玄の死を確認したい徳川が、それぞれが間諜として忍者を放つお話。 早々に退場した信玄だけど、その存在感といったらないな。 恐らくは死んでるであろうと思いながらも、生きている可能性がわずかでもあるだけで動けなくなる家…

(仮)花嫁のやんごとなき事情 未来へ続く協奏曲 / 夕鷺 かのう

本編終了後の後日談短編集。 落ち着いたお話が多かったですが、初っ端がコミカルすぎてヤバかった。 ほんとうにほんとうの初夜を迎えることになり、でも初夜って何をすればいいんだろう?という花嫁さんが、周囲の人にどうすればいいのかを聞くというね。 う…

おこぼれ姫と円卓の騎士(16) 反撃の号令 / 石田リンネ

クーデターから間一髪逃れたレティが、レティに仕えるものたちが、副題通り、反撃開始するお話。 いやあ、すごかった。制限された状態の中、わずかな情報をもとに、仲間を信頼して動くレティたちの行動に息をつくのが精一杯。 機会を作るために、コツコツと…

おかえりの神様 / 鈴森丹子

葉月さんの感想をみて手に取りました。 ついてないときに思わずしてしまう神頼み。そんな時に本当に神様が現れたら……恋に悩む男女が繰り広げる連作短編集。 これはいいなあ。ほんのり温かいお話だ。 おじいさんがアレする昔話で出てくる山の神や、どんぶらこ…

りゅおうのおしごと(5) / 白鳥士郎

最っ高に素晴らしかった! 何度熱さに奮えて、何度熱さに涙したか。 最強の名人との対決は、これまで自分が積み上げてきたものを崩されるような戦いで、これが本当に重い。 追い詰められていくにつれて余裕がなくなり、八つ当たりと分かっていながら、まき散…

横浜駅SF / 柞刈湯葉

いつも工事ばかりしてる横浜駅というところから着想を得て、もしも改築・増築を繰り返した横浜駅が日本を覆い、人類を支配してる世界で、スイカを持たずエキナカに入れない青年が、18切符を手に入れてエキナカに入っていくというお話。 この設定だけで面白い…